インターネットデパート - 取扱い商品数1000万点以上の通販サイト。送料無料商品も多数あります。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

価格: ¥840
カテゴリ: 文庫
ブランド: 早川書房
著者: カズオ・イシグロ
Amazon.co.jpで確認
『日の名残り』『私たちが孤児だったころ』で高い評価を得た作家が送る、感動的な小説。心に残る友情と愛の物語の中で、世界と時間を巧みに再創造してみせる。

現在31歳のキャシーは、イギリスの美しい田園地方ヘールシャムの私立学校で、子ども時代を過ごした。そこでは子どもたちは外界から保護され、自分たちは特別な子どもで、自分たちの幸せは自身だけでなく、やがて一員となる社会にも、非常に重要だと教えられていた。キャシーはこの牧歌的な過去とはずいぶん昔に決別したが、ヘールシャム時代の友人二人と再会して、記憶に身をまかせることにする。

ルースとの交友が再燃し、思春期にトミーに熱を上げた思いが恋へと深まりはじめる中、キャシーはヘールシャムでの年月を思い返す。外界から隔絶された穏やかさと心地よさの中、少年少女がともに成長する幸せな場面を、彼女は描写する。だが、描写はそんな場面だけではない。ヘールシャルムの少年少女育成のうわべに隠れた、暗い秘密を示唆する不調和や誤解。過去を振り返ってはじめて、3人は自分たちの子ども時代と現在の生き方の真実が見え、それに対峙せざるを得なくなる。

『Never Let Me Go』は単純に見える物語だが、そこに徐々にあらわにされていくのは、驚くべき深さで共鳴する感情だ。カズオ・イシグロの最高作にあげられるだろう。
本家kbj40の玉手箱 ★★★★★
スゴイの読んじゃった・・・と 
アタシの脳がびっくりしてるのよ!!!

出来れば前知識無し状態で読んで頂きたい。 

優秀な介護人のキャシー。 
そのキャシーに世話をされている 
「提供者」と呼ばれる人々。 
キャシーは生まれ育った施設「ヘールシャム」と 
そこで一緒に暮らした生徒達を思い出す。 
輝きに満ちた幼年期。 
美しい青春時代。 
そして少しずつ明かされるキャシー達の 
皮肉な運命と驚愕の真実。 

誰も考えつかなかった青春小説。 

静かに運命を受け入れる登場人物たちの強さに 
涙してください。 

ヒトが人間と成って辿る偉大と悲惨な道行 ★★★★☆
折しもエドワーズ氏のノーベル賞受賞があり筆を取りました。クローン羊のドリーから提供者への距離~ヒトが人間と成って人類の文明史が始まり、近未来へと辿る道行~が抑制の利いた淡々とした石黒氏の文体で「提供者」達の宿命的な生活営為として描写されている。ヒトが人間と成って文明を構築出来た根源は数とりわけゼロの発明、言語の発明、そして究極の存在としての神の発明でした。今我々人類は神が神に似せてではなく人間が人間に似せて「ヒトー人間」を造る段階まで到達したとすれば、この作品は現代の黙示録となる筈です。
(有)タケフジ ★★★★★
一生のうちにどれだけの名作と出会えるでしょうか?この本こそ、自身にとっての珠玉の名作です。優しい語り口ながら、非情且つ悲しくも暖かい物語で綴られ、後半につれ明らかにされていく驚愕の世界観に登場人物と共々翻弄されているかのようでした。知らずに頬を伝う涙はいつまでも止まることなく溢れて文章を霞ませくれます。これからの未来への警鐘として、このような未来予想図を選択する事が可能な世の中にならないことを切に願いつつ、多くの読者諸賢にこの名作に出会ってほしいと思いました。地球の未来も離さないでほしいですね。
あーふぃす堂 ★★★★☆
本屋の紹介文にあったとおり、淡々と自分の過去を書き連ねた…だけではありませんでした。この運命自体、ありえない話ではないのであろう、と常々考えていました。そして、それを課せられる人々が痛々しいくらい、精一杯あがいている、と感じる作品でした。